読めなくても、書けなくても、勉強したい~本の紹介

ディスレクシア、ディスグラフィア、ディスカリキュリア

この3つが何のことだか分かりますか?

ディスレクシアは読めない人のこと、ディスグラフィアは書けない人のこと、ディスカリキュリアは計算できない人のことです。
一般的に『学習障害(LD)』と言われます。

学習障害があると日本で生きていくのはほんとうに大変。
怠けているだけでしょう。
ちゃんとすればいいのに。
聞いていないのが悪い。
どんなに身近な人からでも、こんな風にいわれてしまいます。
さらには親が悪い、と言われます。

みんなと同じように勉強したい。
怠けているんじゃない、聞いてもまったく内容がはいってこない。
文字をみても記号にしか見えない。まっすぐ線をひきたくても引けない。
作文も書きたいけど、どうしても「、」や「。」が打てない。
なんど計算のしかたを教えてもらっても、次やろうとするとまったくわからない。

授業についていけないから、自分は頭が悪いのだと思い込んでどんどん自信を失くしていきます。

学校の先生でも、子どもをみて学習障害だとわかる先生は少ないように思います。
男の子だからこんなものですよ。
きちんと家でやらせてください。
あまりにできないと、ついには教師までもが子どもを追い詰める敵になってしまいます。

読めなくても、書けなくても、勉強したい

この本40代すぎてから自分がディスレクシアだと気づいた男性の話です。
壮絶です。
たぶん、ここまでの波乱万丈の人は少なくても、似たような境遇の人はたくさんいるのでしょう。

わが子もまさに直面している問題です。
行きたくてはいった学校。
それなのに授業についていけない。
もういやだ、なにも楽しくない。
死にたい。

死ねばいいんでしょ。
毎日こういうことの繰り返しです。
親としてできることをしてあげたくても、反抗期も相まってとても辛い状況です。

発達障害は昔からあったようですが、いま教室に3人はいるといわれるほど、学習障害の人が増えてきています。
彼らが生きやすい学校を作るにはどうしたらいいのか?
彼らを読めるように、書けるように、計算できるようにしてあげるにはどうしたらいいのか?

大阪にも診断できる大きな病院があります。
ただ、小児科の紹介状を書いてもらって、初診日がきまるまで1か月待ち。
さらに初診まで半年待ち、の状態です。

小児科医からも、ほんとうに発達障害?なんでもかんでも障害っていったらあかんよ、といわれることもありました。
その後、「ニガテやったら無理にやらなくていいよ。得意なことをすればいいよ」という小児科医にも出会いましたが。
実際、得意なことだけできたとしても、学校やその後の就職で生きづらい状況は変わりません。

学習障害の原因は、自分なりに調べたり、安全な食べ物ネットワーク「オルター」の西川代表と話していて少しずつわかってきました。

1.予防接種
水銀など本来なら体にいれてはいけない物質がたくさんはいっているのが予防接種です。

2.農薬
減農薬でも危険。ネオニコチノイド系の農薬は日本で大量に使われており、皮の中まで浸透します

3.栄養不足
お肉や魚をおいしくするためのインジェクション(添加物注入)、レトルト食品、添加物いっぱいの総菜は、体から栄養を奪います。
また、きちんとした素材から出汁をとる家庭が減ってきています。

4.頭への衝撃

1~3は発達障害を研究されている内山葉子医師の本(子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 [ 内山葉子 ])にも書かれてありました。

我が子の場合は1~3はかなり気を付けて子育てをしていたので、4番目の頭への衝撃が原因です。
幼稚園のとき、高いところから真っ逆さまに落ちました。
さらに小学校で上級生ふたりから高鉄棒に上らされたうえに落とされ、衝撃を受けただけでなく脱臼・複雑骨折をしました。

そこから字を書くのがおかしくなり、中学にはいってからディスグラフィア、ディスカリキュリアだとわかりました。
たとえどれが原因でも、どれも身体の伝達信号が遮られているのが原因なので、それを取り除いてやれば必ず良くなると信じています。

早く発達障害を治す技術を確立したいと思います。