安全な洗濯について

最近、『この不調は洗剤のせいだろうな』というお客様の症例が相次ぎました。

そこで、我が家でやっている洗濯、消臭、食器洗い、歯磨き粉、石けん、シャンプー&リンスを少しずつ紹介いたします。

まずは洗濯から。

マグネシウム+アルカリウォッシュ

経皮毒(けいひどく)という言葉をご存知ですか?
肌から有害な成分を取り入れるというのが経皮毒です。

よく、『赤ちゃんには純粋な石鹸を』といいます。
赤ちゃんもですが、大人でも経皮毒を防ぐために天然成分を使ったほうがよいのです。
なぜなら、市販の洗剤はどれだけ水でゆすいでも成分が残ってしまい、それが皮膚から吸収されてしまうのです。
これがアトピーの大きな原因だといわれています。
意外にも皮膚はたくさんの毒を吸収してしまうので、何で洗うか?ということは気を付けたほうがよいのです。

洗濯には、マグネシウムを使います。

優秀な製品が売られており、最初は少し高いと思うかもしれませんが、なんと1年間買い替える必要がありません!
私は洗濯量にあわせて、2~3個入れて使っています。
ベビーマグちゃんについて詳しくはこちら

このマグネシウムだけの洗濯では心もとないという場合や、汚れがひどいときは、『アルカリウォッシュ』を少しだけ足します。
アルカリウォッシュは重曹よりも水に溶けやすく、アルカリ性が高くて汚れもしっかり落ちます。
それでいて、環境にも人にも優しい。
レンジまわりの掃除にも、薄めて拭くと油汚れがすぐにきれいになります。

柔軟剤の代わりに

一般的な柔軟剤を使っている方は特に注意してください。
マイクロカプセルという香り成分は、少しこすれるだけではじけ続けます。
頭痛の原因が、実は化学物質の害であることも多々あります。
なんだかずっと不調という方に柔軟剤をやめてもらうだけで、ずいぶん改善することがあります。

匂いが気になるという場合は、こちらのフィトンαをおすすめ。
抗菌も消臭もできます。
家族の体臭がひどくて洗濯物の匂いに悩んでいたお客様からも、変なニオイが消えたと喜ばれています。

これらのアイテムをそろえるだけで、我が家はクリーニングに出すこともなくきれいに洗うことができています。
環境にも身体にも負担がかからない方法はいくらでも他にあるとおもうので、いろいろと調べて合うものに出会えるといいですね。

【豆知識】

マグネシウムは、お風呂に入れることもできます。
お風呂にベビーマグちゃんを入れると水素ガスが発生し、水素風呂のできあがり。
皮膚から吸収されたり、口から吸入すると血液循環が良くなったりとメリットがたくさんあります♪