心霊のご相談は有料です(裏メニュー)

CS60施術時に、身の上相談、先祖供養の相談などが続いております。
ヒーラーやチャネラーもいまは個人的にやっていますが、うちはただのCS60を施術するところなのですが。

先日などは、どうしても早く来たいということで来られたお客様の話なのですが、

・ご家族や一族がつぎつぎに不幸に見舞われてく(病気はもちろん、骨折があいつぐなど)
・整体などに行くと、どこでも「死んだ人の体」だといわれる
・自分だけでなく、子供もおかしい、ひと言もしゃべらなくなった
・何人もの視える方にみてもらうと、全員に「呪われている」といわれる
・何回も専門家に除霊してもらっても、またすぐにくっついてしまう

それでうちに来られました。
大変な方もおられるのですね。

これを引き寄せているのはどうしてでしょうか。
そして、そのご相談を受けている私は何を体験したいのでしょうか?
考えながら施術しておりました。

私はとても鈍感というか、気にしていないので、見ただけでは「ついてるか? ついてないか?」なんて気づきません。

前なんて、京都に行く途中、電車の中で急に気分悪くてあぶら汗まで出てきて死にそうになったのに、憑かれているとは気づかなくて。
たまたま一緒にいた人たちが写経に挑戦するというので、私も塗香(ずこう:けがれを除く粉)を塗ったとたんにスーっと楽になって、「あぁ、とりつかれていたんだ」と気づいたくらい鈍感です。

さて、ご相談の方を施術しながら霊視してみました。

「あぁ、いますね。でも、その方はすでにもう何のことで怒っていたかも忘れていますよ」とお伝えしました。

そうしたら、

「そうなんです。阿闍梨(あじゃり:その道の特別な修行をした僧)にもそういわれました。そこで名前を挙げて、21日間の護摩焚きをしてもらって…それで取れるはずだったのにとれなくて、ちょっと普通ではなくおかしいとなって。」
「●●薬局の方にも(私も存じ上げている、ちょっと不思議な方)もこれは呪いだからと、アイテムをもらったのです。それを使ったときは取れるのですが、またすぐにくっついて。」

・・・って、そんなプロたちにも取れないないモノがいたのですね。。
根深そうです。

さらに霊視すると、その一族に呪いをかけているモノは、そろそろ成仏したがっていました。
これだけいろいろとされていたり、年月が経ったら、呪うほうも大変なのでしょう。。

でも、人って形式的なきっかけが必要なのかも。
何百年という執着が強かったのでなおさら。

きちんとあの世にお送りいたしましたが、これだけでは足りません。
いつも私がやっている伊勢白山道さんの手軽な先祖供養に加えて、その方の望んでいる「供養の形」をお伝えしました。

さらにまだお悩み相談は続きます・・・。

もう聞いていると壮絶な状況と、半端ない呪い。
こんななかで、よく生きられていたなぁと思います。

生かさず、殺さず、じわじわと。
リアル化物語の世界です。

施術しながら、呪いとその奥にあるものに、私の後ろでいつも守ってくれている天使にお願いして光を当てていました。
そうしないと私も飲み込まれそうなくらいの強い力です。
なぜ、もう成仏したがっているのにこんなに強い霊力があるのでしょうか。

このお客様ご自身も、とても強い霊感をお持ちでした。
どうして現代においてこんな霊力が必要なのでしょうか。
自分でこの状況を引き寄せているとしかいいようがありません。

CS60の施術をしていて、こんなに気持ち悪い感じがするのははじめてです。
それに。。なぜかCS60が水のりをつけたみたいにベトベトになってくるのです・・・涙涙涙

そうこうしているうちに現れたものがあります。
なるほど、悪魔が出てきました。
だから、いくら除霊しようがとってもとっても憑いてくるのですね。

「呪いが子どもや大切な人のところにいくくらいなら、自分が受け止めると思っていませんか?
そして、過去に悪魔と契約していますね?」
とお聞きしました。

そのとおりでした。
しかも、お子さんも個別で悪魔と契約してしまっているらしいです。
歳が小さかろうが、悪魔は容赦しません。
霊感が強いと、変に見えたり聞こえてしまい、悪い誘惑も多いのでしょうか。

ついに大本となる悪魔がはがれました。
高橋呑舟さんでも、悪魔は取ろうとすると仲間を呼んできて大変なことになるし、かかわってはいけないというようなことをいっていたのですが、私も悪魔だと知らずにやっていたのです。
鈍感ですから。
いいかげん面倒くさくなってくれたのでしょうか。

そのはがれた悪魔が、私に向かって「能力をあげるから契約しないか?」と問うてきます。

「そんなものはいらないから、今すぐ消えろ」
と答えました。

まるでリアルまどマギだなぁ~なんて、毎回変な感想しか出てこない。
年頃の子どもをもつと親まで中二病になるのでしょうか。。。

とはいえ、「すぐに答えられたんだ、私。強いなぁ。えらい、えらい。」ということに少し感動してしまいました。

悪魔とはどんなことがあっても契約してはいけません。
こうして、末代まで、そして一族に嫁入りした人まで苦しめることになります。

悪魔とは、またつながろうと潜在意識でも思ってしまうとすぐにつながってしまいます。
強い心が必要です。

対処法があるとすれば
暗くならない
重たくならない
取りつかれやすい体質だと思い込まない
軽いエネルギーで朗らかに生きる
しっかり掃除する
執着しない
結果をコントロールしようとしない
人を騙さない
人生はゲームだ。楽しんでゲームを攻略して幸せになってやる!の気持ちを持つ
ことでしょうか。

しかし、悪魔を呼び寄せるような人はもともとこういうことが難しいから
憑かれる隙ができてしまうのかもしれませんが。

この悪魔事件があってからというもの、毎日私の頭の中から悪魔のことが離れることはありません。。
精神的な疲れがありますね。。。

そういうことで、今後の心霊相談はどんな小さなものでも有料とさせていただきました。
施術中に相談されて、それを取ったりメッセージをお伝えするなどするものは、すべて有料となります。
もちろん、「これ以降は有料になりますよ」とお伝えしてからしかやりませんのでご安心ください。

料金は1件につき一律10万円+施術代になります。
としたかったのですが、一瞬で終わる亡くなった方をあの世へのお送りなどは3万円+施術代
その他の奇怪な心霊相談は10万円+施術代でお願いいたします。

これが高いか安いかは、ご自身で判断してください。

私からすれば、呪いや悪魔といった大変なことはやりたくない!が本音です。
阿闍梨さんなどの専門家のところに行ってください。

完全なる、裏メニューです。(確定申告はもちろんしますが)
いまのところすべて解決できていますが、正直なところ毎回同じケースはないのでやってみないと分かりません。
以下のことを了承してくださる方のみ、ご相談ください。

  • 私に相談されても誰が呪っているの?なんていう名前まではわかりません、たぶん。
  • 取れるかどうか、満足するメッセージが得られるかどうかはわかりません。
  • 悪魔は祓えませんので、相談なさらないでください。
  • 結果は、依頼された方の「真の望み」に左右されますことをご承知おきください。
  • 当店は、CS60を施術するところです。必要な施術時間を予約してください。
  • 心霊相談がある方は、予約時にきちんとそういう相談があることを連絡してください。
  • 相談がある場合は、現金で最初にお支払いください。

またまたこの同じ日に来られた方で、「別のCS60施術のところで除霊するといわれて、勝手に痛いのをされた」
というご相談がありました。

その方は、心に傷までできて訴えたいとまでおっしゃっていました。

こういうパフォーマンス、ほんとうにやめてほしいです。
CS60の名前に傷がつきます。
CS60をやっている人はみんなインチキだと思われてしまいます。
CS60って大したことないんだと思われてしまいます。

除霊とは、とればよいというものではありません。
そういう単純なものも確かにいますが、前回も書いたように寄り添うことが必要なこともあります。
まぁ、こういうパフォーマンスされている方は、ただの凝りを霊のせいだといわれているだけなのですが。。。
いまパフォーマンスをすることで集客されている方たちの魂の成長を願います。大変なことになる前に。(大変なことになってから魂が成長するほうがよいのかはご自分たちで選ぶことですが)
CS60は痛ければ効いているというものではありませんし、除霊が痛いなんてことはありません。

1つだけ良いことがありました。
その悪魔祓いをした夜。

私自身が両翼をもった存在だったと思い出せたこと。
それはそれはきれいな翼で、光にあふれていました。
なにごとにも侵略を許さない、いや、それすらも包んでしまう光。
ようやくエネルギーがもどってきました。